Please reload

Recent Posts

米国リアルタイムACHスタート

November 20, 2017

日本の全銀ネットに相当する米国のACHが、リアルタイム決済(RTP)をスタートした。これまで数日かかっていた米国内の銀行口座間送金だが、数秒に短縮される。

 

まずBNYメロンとU.S.BankがRTPをテスト。シティやチェイス、サントラストが初期導入者となる。

 

2018年末までに全米の半数以上の口座がこのシステムにつながる予定。2020年までには全口座を接続する。

 

ネット時代に対応した銀行間清算システムはリアルタイムで、24時間365日稼働が原則。英国では約10年前からファスタペイメンツを運営している。

 

インドやタイ、シンガポール、EU、カナダなどでもすでに同様のシステムが稼働している。米国はようやく追いついた。日本はまだ準備中だ。

 

 

本記事は、NCB Lab. 代表 佐藤 元則のブログ「カードBizと僕の勝手気ままログ」から引用しています。

Please reload