カードブランドの統一QR決済マーク

VisaやMastercardなどのカードブランドが運営する世界標準の規格決定機関EMVCoは、QR決済の統一マークを決めた。

EMVCoは2017年にQR決済の標準仕様を決めている。統一マークを決めたことで、いよいよ本格的にモバイルQR決済を推進する。

利用者のモバイルQR決済方式は2通り。ひとつはモバイル機器にQRコードを表示し、マーチャントがそれをスキャンする方法。もうひとつはマーチャントが表示するQRコードを、利用者がモバイル機器でスキャンする方法だ。

QR決済マークは、モバイル機器のアプリアイコンとしても使える。マークの利用料は無料。シンプルでわかりやすいデザインだ。

本記事は、NCB Lab. 代表 佐藤 元則のブログ「カードBizと僕の勝手気ままログ」から引用しています。

#blog

Recent Posts